【13-02】OB便り(プロ野球)

ぴかぴか(新しい)福岡ソフトバンクホークス 柳田悠岐選手(105期)6号 オープン戦キング独走わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

★3月24日オープン戦最終試合より 広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)
20130324柳田選手(105期)@
20130324柳田選手(105期)A
▲2回表 カープ前田健太投手との対戦
20130324柳田選手(105期)B
20130324柳田選手(105期)C
▲6回表 カープ中崎翔太投手との対戦
20130324柳田選手(105期)D
20130324柳田選手(105期)E
▲8回表 カープ今村猛投手との対戦

◎3月 2日読売ジャイアンツ(東京ドーム)1号ソロ
◎3月 5日広島東洋カープ(マツダスタジアム)2号ソロ
◎3月13日オリックス・バファローズ(京セラドーム)3号ソロ
◎3月15日千葉ロッテマリーンズ(QVCマリン)4号3ラン
◎3月16日横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)5号2ラン
◎3月19日横浜DeNAベースターズ(横浜スタジアム)6号ソロ
20130320柳田選手(105期)
  弾丸ライナーが右翼席へ突き刺さった。1点をリードした7回。先頭で打席に入った
 柳田が、神内のスライダーを引っぱたきオープン戦キング争い独走の6号ソロ。「変化
 球を打てたのはよかった」打点も「12」となり、西武・秋山と並んで“2冠”に立った。
  188センチ、90キロの恵まれた体格に加え、50メートル5秒9の俊足。
 9回1死一塁では三塁内野安打でチャンスメークした。
 今季の目標は打率2割5分・25本塁打・25盗塁と、トリプル3ならぬ“トリプル2.5”。
 「足もアピールできてよかった」とニンマリだ。
  内川、松田らWBC組が復帰すれば、7・8番の下位打線を任されることが濃厚。
 ライバル球団にとっては脅威の打線が完成する。
 「(6本塁打は)多少、自信になるけど謙虚にいきたい」。
 本格化の兆しをみせる3年目の和製大砲から目が離せない。
 【スポーツ報知 3月20日号より】
posted by クラブOB会 at 2013年03月24日 15:30 | Comment(0) | OB便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: